安いBTOパソコンでゲームはできるのか?

ゲームに要求されるパソコンの性能は、CPU、グラフィック、メモリといった部分が重要になります。
さらにこの中で安いBTOパソコンが引っかかりやすいのが、グラフィック性能の部分でしょう。
安いBTOパソコンでは大体の場合、グラフィックは統合チップセットのオンボードグラフィック機能を利用しています。
少なくとも、一般的な3Dオンラインゲームや、2~3世代前のFPSやアクションなどの3Dゲーム、最新の3Dゲームでも低画質設定であればプレイするのに問題ないレベルの性能を得られます。
ですが、そこはBTOパソコンの良いところ、グラフィック機能を担当するビデオカードを追加してやれば良いのです。
最新の3Dゲームでも、十分楽しめる画質でプレイ可能になりますし、ちょっと古いゲームなら最高画質で問題ないでしょう。