住宅ローンの金利を安くするには?

住宅ローンの金利は安いにこしたことはありません。
かつては住宅ローンと言えばどこの銀行で利用しても利率などの条件は基本的には同じでしたが、最近は商品内容も多種多様になってきており、金利などの条件面にも違いが見られるようになってきました。
同じタイプのローンでも、金融機関によって0.5%程度の差がついていることもあります。
しかも、原則的には月初めに利率が変わるため、前の月にはA銀行のほうが利率が低かったのに、今月はB銀行のほうが低い、といった変化もあります。
わずか0.1%の率の差であっても、何千万というローンですから、差は小さくはありません。
ですので、まずはホームページやパンフレットで確認して、利用できそうな金融機関をピックアップしていくことが大切です。
その上で、実際に金融機関の相談窓口に足を運ぶようにします。
各種の利率の引き下げが適用されるのか、実際の金利がどうなるのかは、その人の条件に照らし合わせないと分からないこともあります。
住宅ローンの変動金利のランキングは?