住宅ローンでのつなぎ融資とは?

住宅の購入を決めた方も、これから検討しようと考えておられる方も、一度はつなぎ融資という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。
つなぎ融資と住宅ローンは、実は切っても切れない関係にあります。
住宅ローンはその名の通り、住宅を購入する際に利用するローンのことですが、大きな金額ですので融資のためにはその土地や建物を抵当に入れる必要があります。
そしてその抵当に入れるためには、建物が完成していなければならないという決まりがあるのです。
したがって、建物が完成するまでの間、一時的に建築費用を用意しておかなければなりません。
そこで利用するのがつなぎ融資なのです。
つまり既に完成している建売住宅を購入する場合には、つなぎ融資は必要ありません。